• 栄養士の仕事内容

    栄養士の仕事はどのようなことをするのでしょうか。
    名前の通り、栄養指導を行ったり、栄養を考えて食事を管理するなどの仕事が主となります。

    一般的に知られている仕事としては、給食の献立を立てる仕事内容です。
    どの学校も栄養士と呼ばれる人が一人いて、給食の献立を考えていたかと思います。
    この仕事では、バランスの良い食事やコスト、作成時間等を考慮して献立作りを行う必要があります。
    学校であれば子供たちに必要な栄養価を摂取できる献立を、
    給食の時間に間に合うように作れるような時間配分で考えなければなりません。
    老人介護施設などでもおおまかな流れは同じですが、
    身体機能が弱ってきているお年寄りが食べられる食事、ということも意識する必要が出てきます。
    嚥下障害を起こしている方等のための介護食を作ったりといったことも栄養士の仕事に含まれます。

    どの職場でも毎日の食事を考えるのですから、旬の食材を上手に献立に用いたり、
    行事食等で季節を感じてもらったりといった工夫ができるかもポイントです。

    上記で挙げた通り、食に関することに携わるのが栄養士の仕事だと覚えておかれるとよいでしょう。
    ちなみに管理栄養士は、1日750食以上を提供する施設には必ず配置をすることが義務付けられています。
    100食以上750食未満の場合は管理栄養士ではなく栄養士で良いという決まりもあります。
    管理栄養士の方が少しレベルが上のお仕事ができるということですね。

    また健康増進法で決められた施設で給食を作る場合にも管理栄養士の配置が義務付けられています。
    栄養士の仕事の現状としては献立作りやコスト計算、食材の発注等の仕事のほか、
    費用等の支払いに献立の作成業務など一挙にさまざまな仕事を行っていることが挙げられます。

    このほかにも給食業務だけではなく、医療の現場に深く関わる管理栄養士として
    携わりたいと考える方もいるようです。生活習慣病等の理由から食事制限を余儀なくされる方に対して
    栄養学などの観点から保健指導等を行ったり、病院での勤務などが挙げられます。
    また、栄養士の資格を取得していると子育て相談などで離乳食メニューの提案をすることもできます。

    医療に関わってくる栄養士の仕事は、食に関する知識だけではなく、医療の知識なども求められます。
    人の命に直接的に関わる度合いが高い分やりがいはありますが、
    医療に関する知識の蓄積や現場経験を積むなど、より一層の努力が求められます。