栄養士の転職

栄養士


管理栄養士の資格を持つ方が転職を考えた時、
「在宅訪問管理栄養士」の認定を受けると有利です。

この在宅訪問管理栄養士とは、
在宅療養者に向けての栄養指導に関して特別な知識や技能を有している事が認められる認定制度です。

在宅訪問管理栄養士として特定分野の認定を受けることで、
管理栄養士の中でもスペシャリストであることが認められます。

在宅訪問管理栄養士の仕事は、
在宅療養者の栄養ケアプランの情報作成や、医師との連携、
ヘルパーなどの在宅サービスを担当される方との連携や知識向上のための勉強会の開催などを行います。

後進の指導を行うこともあります。
この認定資格を取得している方は、
地域包括支援センターやヘルパー派遣会社、
在宅看護ステーションなどに配置されることがほとんどです。

在宅ケアを受けている方のところへ巡回することもありますが、
管理職としてケアプランを作成したりというようなデスクワークが中心になる場合もあります。

また各都道府県の栄養士会が設置している栄養ケア・ステーションなどでも活躍が求められます。

このように管理栄養士と一口に括っても様々な特定分野の認定資格がありますので、
できる限り研鑽を行い食と栄養に関する事を追求していきましょう。

さて、在宅訪問管理栄養士の認定を受けたと言っても即転職につながらないという方も多いようです。
こんな時は求人サイト等を利用して転職先を探してみることをお勧めします。

なかなか見つからない

ハローワークなどでは自分自身が希望する職種がなかなか見つからない事がほとんどです。
求人サイトでは、キーワード検索などで様々な栄養士の求人を探せますので、
在宅訪問管理栄養士の仕事なども即見つかる可能性も高まります。

求人サイトとして代表的なリクナビでは職務経歴を
登録する「スカウト」機能を利用することで、企業や医療法人、
転職エージェントへ向けて求職者・転職希望者の職務経歴をアピールすることができます。

特定分野の認定を受けた管理栄養士は、
それだけでも自分自身の資格に関して前向きに研鑽していることが分かりますので、
数多くの求人掲載企業からオファーが届く可能性が高まります。

自分ではなかなか希望する職種の募集を見つけられない、
応募をしても面接までの返事をもらえないという方は、
このスカウト機能を利用して自己アピールをしてみるとよいでしょう。

管理栄養士や栄養士の有資格者が働けるフィールドは「在宅訪問管理栄養士」として働く他、
ドラッグストアの栄養相談員や健康食品会社の相談員など多岐にわたります。

求人サイトでは様々な栄養士としての働き方を模索できます。

コメントは受け付けていません。