転職

転職を考える


仕事をしているとやはり転職を考えることもありますよね。
今や給食・飲食業界では栄養学の知識を持っている方の存在が優遇されるようになり、
ヘルシーメニュー等を提供するお店が急増中です。

また高齢者や生活習慣病などで食事管理が必要な方に向けた宅配弁当なども主流になりつつあります。

宅配弁当の業態に関してはまだまだ主要都市のみでの展開となっていますが、
中小規模の企業が参入するなどこれからも規模が大きくなるチャンスはたくさん眠っています。

給食の献立を考えさまざまな工夫を行った経験を持っている方であれば、
宅配弁当に関するプランナーの仕事などもありますね。

また仕事としては珍しいのですが、企業の社員食堂で働く栄養士もいます。
有名な企業の社員食堂の栄養士が、レシピ本を出版することもあり、
美味しい事で有名な社員食堂で働いていることが認められれば本の印税収入なども見込むことができます。

このほかには、ドラッグストアで働く管理栄養士や栄養士もいます。
ドラッグストアでは医薬品の販売が主となり、登録販売者の資格を取得するように求められる事もあります。

ですが、栄養士という国家資格を持っていることを
武器としてこのお店ならではのサービスを付加できる力も持っています。
栄養相談等のサービス提案をするなどで商品販売もセットにしていけば、
売上UPに貢献できるかもしれませんね。

このような求人はどのように探しているのでしょうか?という転職希望者からの質問も寄せられます。

転職支援サイトの存在

お話を伺うところによると、求人を探しても自分が納得できる企業に出会えない、
待遇面等の条件も新卒者をベースとしているので自分の条件に全く見合わないというのです。

この場合おすすめしたいのが、転職支援サイトの利用です。
管理栄養士の資格を持っていると保育園の給食センターなどの求人ニーズにも対応できます。
即戦力として仕事ができる方、上位職で仕事をこなしてもらえる方等を中心に求める企業が求人案件を掲載しています。

優遇されるのは、給食業界で献立作成や経費計算、
資材調達等を行ってきた経験を持つ方です。
行事食や郷土食等に関する知識等を活かした食事作りができる方は特に優遇されることがあります。

転職サイトを利用する際には、
ご自身の魅力をフルにアピールできるような職務経歴書匿名登録等を行うことをお勧めします。

職務経歴書を匿名で登録することで、
第三者や求人側の企業に個人情報を知られることなくあなたの魅力を企業に伝えることができます。

企業から面接のオファーが届く可能性も高まります。

コメントは受け付けていません。