栄養士の仕事と転職

生かせる職場


飲食業界で献立作成の仕事していた、給食業界で献立作成やレシピ確立、
費用の計算等の仕事を行っていた方が、栄養士の資格を活かして転職したいと考えた時、
どのような仕事があるのでしょうか。

多くの場合、同業他社で同じように給食の仕事を行う方がほとんどで、
職場が変わっても、同様に給食に携わる事が多いようです。

栄養教諭の資格を持っている方は自治体で雇用を受け学校給食の仕事等ができることもあります。
できれば給食の現場から離れて仕事をしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

栄養士・管理栄養士の仕事は食と健康に関する仕事ですので
学校給食・病院給食・高齢者施設等の給食の仕事が多いことは間違いありませんが、
これ以外にも管理栄養士や栄養士の資格を活かせる職場はたくさんあります。

ファミレスなどに代表されるファストフードのメニュー考案をすること、
栄養相談等を受けたり、
生活習慣病などの理由で食事管理が必要な方に医師と連携して食事指導を行う仕事もあります。

また栄養学の知識を活かし本の執筆を行ったり、
フードコーディネイターや野菜マイスターなどとタッグを組んで食生活に関するサイト作りなどもできます。

経験により様々な道が

このほかにも郷土食や行事食に詳しい方、
嚥下障がい等を持つ方が食べやすい介護食作りの経験がある方等は、
食品会社などでもプランナー・商品開発系の仕事が待っているかもしれません。

商品開発の研究室などに迎えてもらえることもあります。
このような求人はすぐ見つかりませんし、ハローワークなどでもおいそれと見つけることができません。
転職で給食業界以外の仕事に就きたいという場合、おすすめしたいのが研究職の求人サイトです。

職務経験を持っている方の職探しを前提に求人が成り立っていますので仕事の幅も広いですし、
高待遇の案件が多いのも特徴です。

また新卒生とは異なる給与体系を提示してもらえるので、
ほとんどの場合「転職前より収入が下がった」というケースがありません。

また即戦力として職場に入ることができますので、
転職後も通常通りの仕事をしたい方には最適です。
転職系の求人サイトは、無料で会員登録ができます。

また24時間いつでも好きな時間にアクセスできるので、
仕事が不規則でなかなか転職活動ができない方にもお勧めです。

勤務地・職種・業種など自分が求める条件を細かく指定して登録することで
マッチングメール受信の可能性を高めることもできます。

また驚くほど短期間で転職成功を手に入れることもできます。
まずは無料会員登録をしてみましょう。

コメントは受け付けていません。