栄養士とサロン栄養士

エステサロンでお仕事


栄養士や管理栄養士の資格を活かした仕事の一つとして
「エステサロンでのサポート」のお仕事もあります。

痩身プログラム等を受けている方が、
食事法を変えてキレイに体重痩せを叶えていくこともあるようです。

ここで必要とされるのが管理栄養士の資格を持つ方の存在です。
食事の管理や献立の提案等をしていきカロリーセーブの手助けをしていきます。

もちろん栄養士の資格を持つ方でも管理栄養士の指導のもとで働くことができます。

エステティシャンとの連携や、顧客とのコミュニケーションがとれる力などが求められますが、
ご自身の持つ知識をしっかり活かせることができますし、
キレイに痩せたいという顧客のニーズにこたえることもできますので、やりがいを感じることでしょう。

資格を持ってることが重要

栄養士の仕事は職場によっては資格を持っているだけで有利なところや未経験可なところもあります。

しかしエステサロンでは、新卒生が仕事をするよりも転職経験を持つ方や
少し年齢を重ねた方が説得力のある説明や仕事ができるので、
経験を求められる場合が多いようです。

エステサロンが栄養士を抱えるメリットは専門的な指導はもちろん、
「管理栄養士・栄養士のいるお店」として宣伝することで集客効果も上がる点にもあります。

そして専門的なアドバイスをすることで効果が出て、
本当に痩せることができるエステサロンと評判になり、より集客効果を見込むことができます。

栄養士の存在は、食事法の改善も取り込んだ痩身プログラムを扱う
エステサロンには実は欠かせない存在なのです。

栄養士側としても、女性であれば美と健康に関する仕事に就けるなら嬉しい、
と思う方もいらっしゃいますよね。

悩んでいる女性をサポートし、キレイになっていくお手伝いができるのは同じ女性として喜ばしいことです。
また、これまでになかった新しい就職先の選択肢が増え、
より様々な現場で活躍することができるメリットもあります。

もちろん、学校給食や病院での勤務など、
明確な目標や夢を持って資格取得に励んだり現在のお仕事を行なっている人がほとんどだとは思います。

それでもそういった新しい可能性があるなら挑戦したいと思うならば、
そういった道に進んでいくのももちろんありです。

突然エステサロンで働くとなると緊張してしまいますし、
本当に就職・転職が成功するのか不安に思うこともあると思います。

それでも栄養士にしかできない仕事というのがあるのですから、
自信を持って就職・転職活動に臨んでいくことが成功のカギとなるでしょう。

コメントは受け付けていません。