老人介護施設で献立作成

栄養士の仕事


栄養士の仕事で一番大きな枠を占めるのは「給食に携わる仕事」になるようです。

配膳数が規定を超える場合は法律の定めによって
管理栄養士を置くことが義務付けられています。

給食に携わる仕事と言ってもどのようなことをするのか、
実際に管理栄養士の資格を持ち老人介護施設の給食づくりに
携わっている方の仕事内容を例にご紹介します。

お仕事は朝の8時前から始まります。
調理員の方の健康チェックを行い、厨房をあける準備を始めます。

調理員へ献立や調理法に関して伝達を行った後に、厨房は調理員へ託すそうです。
午前中は利用者の栄養相談を受けることもあります。

給食を食べている利用者の様子を見守るのも栄養士の大切な仕事です。
咀嚼しやすいかどうか、美味しく食べてくれているか等をチェックします。

ヘルパーや職員が食事介護に難儀をしているようだったら話を聞き取り、
食事の量の調節や咀嚼ができる調理法に変える等の工夫をしていくこともあります。

事務作業も仕事

管理栄養士の仕事はそれだけではありません。
仕事を終えた調理師の方たちとミーティングを行い、申し送り等を行います。

明日以降の給食食材の調達や伝票整理等を行い、帳簿をつける等の事務作業も行います。
経費がかさんでしまえば施設から注意が来ることもあるそうです。

ガス代や電気代なども節約しながら美味しい食事を作れるように工夫することも仕事の一つなのだそうです。
老人介護施設はお年寄りはもちろん、さまざまな疾患を持った方が利用されています。

また嚥下障害を持っている方も時折利用されることもあるということです。

とろみのある素材を利用して口の中で飲みこめるように工夫をした給食を作る、
少しでも嚥下を促したい利用者の方には「咀嚼力をつけるための食事」の工夫をするなど、
個人の状況に合わせた献立作りをすることも仕事です。

一人一人に応じた食事を作るのは非常に大変ですが、
調理員の方と力をあわせて食事を作っていくのもやりがいの一つだと言う方が多いようです。

栄養士の資格を持つ方の中には調理員の方の仕事をする方もいますが、
より上を目指して管理栄養士の資格を取り、
上記のような献立を考えたり栄養管理を行ったりする仕事に就く方や就きたいと思う方が多いようです。

また、学校給食の献立を考えたり、その他児童施設での給食を考えたりと、
同じ「献立を考える」という仕事内容でも職場は多岐に渡ります。

どういった職場で献立を考え、栄養管理をする仕事に就きたいかも考えて勉強をするとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。