営業や営業サポートとして働く

営業に挑戦


栄養士や管理栄養士は、給食を作る業務に携わったり、
健康にかかわる保健指導に携わる仕事をしている方が大半です。

ですが、もし転職を考えているのであれば、
全くの異業種へ転身を図ってみることも視野に入れてはいかがでしょうか。

本来、転職とは同業種へ仕事を変えることではなく、
全くの異業種へ転身することを指すことだとも言われています。

しかし、同業種間での転職をする際には守秘義務の兼ね合いから転職先からの受け入れが突然断られたり、
現在の職場を円満に辞めることができないなどトラブルが起こりがちです。

そこで異業種への転職を視野に入れることで、意外な可能性が開けたりする場合もあります。

例えば管理栄養士、栄養士の資格を活かした営業職という仕事があります。
育児用ミルクの試飲販売や生活習慣病を患った方たちが自宅で
使用する検査機器の営業販売などが主な仕事です。

このほかにも、医療機関や高齢者施設に向けた医療食の営業などもあります。

知識があることが強み

栄養士や管理栄養士の本来の仕事とはかけ離れたものになってしまうと敬遠されがちですが、
医師や看護師、栄養士などに対してコミュニケーションが取りやすい立場にあったり、
先方に納得してもらえるまでの専門的な説明ができるのは何よりも強みになります。

管理栄養士等の立場で営業をすることでサービスで施設の利用者を対象にした健康セミナーを開くなど、
付加価値も与えることができます。

また、営業そのものは行わないけれど、営業スタッフが販売する医療機器などの専門的な説明や、
顧客へのアフターフォローなどを担う仕事もあります。

医療機器というと看護師や医師などでなければいけないように思えますが、
傷病者に対しての栄養管理などを行う知識を持っている管理栄養士でも十分務まる仕事です。

これらの仕事は、施設の給食業務に携わる管理栄養士・栄養士では考えられない仕事ですね。

転職をきっかけに視点を変えてみたい、栄養士としてもう少し違った働き方があるのではないかなどと
思った際には、これまでとは180度違った仕事を選んでみることをお勧めします。

こういった求人を探すには、リクナビのような転職支援サイトを利用してみることも一案です。
転職に特化した求人サイトですので、もちろん管理栄養士・栄養士の資格を
活用できる営業職の仕事も数多く案件配信されています。

もちろん公的資格の栄養士の資格しか持ち合わせていないという方でも安心して転職活動を行ってください。

管理栄養士の資格の取得をフォローしてくれる職場もありますし、
受験資格を得られるまでの実務経験を積み上げるための部署がある企業もあることでしょう。
管理栄養士のフォローをする仕事もありますので、安心して転職活動を続けてくださいね。

コメントは受け付けていません。