栄養士に必要な資格は?

資格


栄養士は、養成学校を卒業すると同時に都道府県知事から付与される公的資格です。
栄養士として働くためには、この資格が必要になります。

国家資格ではないため、必修科目をすべて履修して養成学校を卒業する必要があります。
また、昼間に行う実習が存在し、そのため夜間の学校や通信制の学校などはないのが現状です。

学校では専門基礎分野と専門分野、校外で行う実習があり、必修科目となっています。
(参考サイト)日本栄養士協会

栄養士のワンランク上の資格として管理栄養士というものも存在します。
これは養成課程がある学校を卒業後、国家試験に合格した方に対して付与される国家資格です。

管理栄養士は栄養士の資格だけではできなかった業務などが行えるようになります。
例えば学校などの給食室には必ず一人管理栄養士を配属しなければいけないなど、
管理栄養士の資格が求められる場面は様々あります。

場合によっては栄養士ではなく管理栄養士の資格を持っている人材でなければ就けない仕事もあります。

もし栄養士をこれから目指そうと思っている方や既に持っている方は、
管理栄養士の資格取得も視野に入れると、一気に就職・転職の幅が広がりますよ。

他にあわせて取得しておくと良い資格に「フードコーディネーター」があります。
名前の通り食をコーディネートする資格です。

栄養士関連の資格・仕事内容と何が違うのかと言うと、食を「総合的に」コーディネートする点です。

栄養士とフードコーディネーターの違い

栄養の指導や管理を行うのが栄養士だったのに対し、フードコーディネーターは食べ物関連の商品を
開発したり、レストランのプロデュースやコーディネート、食べ物のパッケージの制作など、
フードビジネスに関わる仕事を担当します。

人に魅せるという分野も学ぶ資格のため、栄養指導や管理の中にも彩りや美味しそうに
見えるメニューの作り方なども考えることができ、より良い指導を行うことができます。

子供が喜ぶメニューや料理などもそういった観点から考えることができるため、
給食の献立を考える際にも役立ちます。

また、可能であれば調理師の資格も取得するとよいでしょう。
調理師=シェフやコックということで、一般的に一番馴染みの深い職業とも言えます。

これは日本独自に存在する国家資格で、お店で調理を行うためにはこの資格が必要になります。
自分自身は調理を行うことが少ない栄養士ですが、
なぜこの資格を習得しておくとよいのでしょうか?
調理師は調理だけではなく栄養学や衛生管理など幅広く学びます。

もちろん栄養士の必須科目や資格試験などで学んでいる部分もありますが、
学んでいない部分の知識を補うことができるのです。

また、自分自身が調理の知識を心得ていることで、
メニューを考える際に調理の現場に則した考え方を行うことができます。

コメントは受け付けていません。